新型コロナウイルス感染症 関連情報

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症 関連情報


新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口をお知らせします(4月16日)


健康づくり課 Tel059-382-2252 Fax059-382-4187

電話相談窓口
 三重県では、新型コロナウイルス感染症に関連した肺炎に関する県民からの相談に応えるため、電話相談窓口を開設しています。
開設時間
 9時〜21時(土曜日・日曜日、祝日も対応)
問合せ先
 鈴鹿保健所 電話059-392-5010
 三重県医療保健部薬務感染症対策課 電話059-224-2339(専用回線)
 厚生労働省相談窓口 電話0120-565653(フリーダイヤル)
※回線が込み合っている場合は、電話がつながりにくくなります。
※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、医療保健部薬務感染症対策課(ファクス059-224-2344 電子メールyakumus@pref.mie.lg.jp)にファクスまたは電子メールでお問い合せください。

新型コロナウイルス感染症にかかる帰国者・接触者相談センターについて
 「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。
 相談内容から同感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診療を行う「帰国者・接触者外来」への受診調整を行っています。
次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください
 新型コロナウイルス感染症専門家会議の議論を踏まえ、新型コロナウイルス感染症の受診・相談の目安が変更されました。
  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
※重症化しやすい方は、高齢者、糖尿病、呼吸器疾患(COPDなど)、心不全などの基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方です。
※症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。
※症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。なお、解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。
※上記の症状に該当しない場合であっても、相談はできます。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省ホームページ)
開設時間
 9時〜21時(土曜日・日曜日、祝日も対応)
問合せ先   
 鈴鹿保健所 電話059-392-5010
※21時から翌日9時までは三重県救急医療情報センター(電話059-229-1199)が必要に応じて、「帰国者・接触者相談センター」に連絡します。
※回線が混みあって電話がつながりにくくなる場合があります。
※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい方は、下記の相談用紙を使用して、ファクスで新型コロナウイルス感染症対策チーム(ファクス059-224-2275)にご相談ください。
新型コロナウイルス感染症相談用紙(PDF)